スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

呼び戻す

IELTSをやった後、ちょっとワイン飲みながら漫画を読みました。久々に。
「風の谷のナウシカ」の漫画です。



多分原発のニュースばかり聞いていたので、核戦争後の世界を思わせるこの作品を思い出したのかな。漫画版はみなさんよくご存知のアニメよりずっと壮大で内容が濃く、描写も生々しいです。

アニメでは物語はナウシカがオウムのおかげで生き返り、その後に谷に駐在していた敵軍が撤退するところまでですが、漫画版ではそこから更に進み(そもそも敵軍や侵略者という位置づけもない。片腕のあの美人軍師ももっとできた人間で、のちにナウシカと仲良くなる)、ナウシカたちのいる世界と人間とその進化、はては生命の存在意義自体を明らかにすると言うところまで描かれている。アニメよりずっと深く面白いです。

アニメでは、腐海が実は汚染された土や水を浄化する役割がある、ということをナウシカが明らかにしたことが描かれています。漫画では、ネタバレすれば、オウムや腐海などの異常な生態系は前時代の人類(たぶん、わたしたち)が産業文明と最終戦争によって汚染された世界を浄化するために人工的に生み出したもの。世界の汚染が浄化されれば消える運命にある。数千年かかるが、いずれ世界は浄化される。

しかし何とか生き延びた「その後」の人類であるナウシカたちは既に汚染された環境そのものに適応しているため、浄化された世界では生きられない。清浄な空気と大地が逆に毒となり、新しい世界では死んでしまう。


いろいろ考えてしまう内容です。

今我々ってどっちにいるんでしょね。その後なのかそれ以前なのか。

テレビやインターネットを通して見ていると、どんどん遠くなる「現実にそれが起こっている」をもう1度呼び戻すために空いた時間に考えています。
.08 2011 未分類 comment0 trackback0

渡り切っちゃえの精神

とりあえず1校ばたばたとでずが出願しました。

結局低GMATのまま。DINGだろうなー……。結局エッセイは時間がなかったのもあり、カウンセラーさんの添削やアドバイスを省いてほんっとうに好きなように書いて出してしまいました。でも、楽しかったなー。どーせだめならとさっぱりと形式に沿わず自己アピール、というか自己表現をしたので。評判のエッセイ参考本、途中で放棄した。


今回の出願で得たもの。少しだけ度胸がつきました。

というのも今回は徹夜が続きまくって出願前日うっかりぐっすり寝てしまい、アプリケーションの提出が締め切りに1日遅れたのです。みなさん、無理はやめましょーね……。


この時の私の心境。(これまでチャレンジ精神など特になく日本の片隅で植物のようにまったり生きてきた気が小さい日本人ならわかるはず……)

「遅れた遅れた締切に遅れちゃったもう終わりだもう何もかもが終わりがうわぁあぁぁぁぁ;」


が、後から電話をかけて知ったのですけど、海外はそういうの、結構ゆるいんですね。1日くらいなら何とかなっちゃったり、1日どころか、授業が開始した当日に直接責任者に掛け合って入学させてもらったりとか(だから、ビジットなどはかなりいいんだと思う)。

学校に直接聞いてみると大丈夫みたいでほっとしました。

ああー、海外ってあれだ。横断歩道で黄信号が点滅しても赤信号に変わっても、車に引かれずに渡り切っちゃえばそれで勝ちなんだなーって思いました。


これまでそうした考え方になじみのなかった私には驚きでした。

ちゃんと青信号で手を挙げて完全に安心してからじゃないと渡らない、黄信号では渡ろうとしない、これまでそんな感じだったので。

さて、また頑張ろうず。今回は渡り切ったといえるかわからないが、とにかくまた次に進もう。

実は現在MBAだけではなく、別の道も考え中です。ビリーに勧められたんだけど、そちらもかなりあっている気がしてて。えーと、全然経営学とは方向性が違いますw2年前挫折の夢再びになるんだろうか?まあ、とにかく、どんな道を選ぶにせよ、やる。結局、根っこと最終目標はどれを選んでもも同じなので。
.05 2011 未分類 comment2 trackback0

弱っております;

GMATの受験日受験地を変更しました。理由は現在住んでいる実家から東京へ行くまでに電車止まったら困るからです。若干泣きたい。


さて、現在エッセイ書いたりGMAT勉強したり出願書類書いたりしておりますが、カウンセリングや塾代に金額を費やす一方、タイポや内容の一般的なチェックにはなんとスカイプで1時間2000円で、昨年から日本で英語を習っていた先生にプライベートレッスンで見てもらっています。

この先生はアメリカ人で、日本の国立大学で医学英語教えていて、更に論文校正もやっていたのか。そういうわけでこれまでたくさんの日本人の論文を見ており、業者に出して英文を直した私のエッセーを、一発で「自分の英語で書いたんじゃないね。まとめ方が日本人じゃないね」と見抜かれました;流麗過ぎるし西洋人思考みたいだったそうですヽ(^o^)丿

その先生に先日はエッセイの1つを「削る」作業を教えてもらいました。エッセイには大体字数制限があります。私は最初はそんなことは考えずにだだっと考えずに後から削ればいいくらいに捕らえていたのですが、これがね、これが、泣けるほど難しいんだよ……。胃を痛めかけ、たまたまスカイプでオンラインになっていた先生に泣きつき、アドバイスをもらいました。あれ、高いカウンセリングよりいいんじゃね……。


さて、寝ます。最近、寝不足。明日が来るのが怖くなっている今日この頃。
.24 2011 未分類 comment0 trackback0

真っ直ぐに、誠実に。

今日読んで感銘を受けたつぶやき。心打たれました。

手動botだったはずのキュゥべえ@QB0さんが考える、日本の未来。

過激な主張とも美化とも違う話し方があるものだなぁ。
自分の考えを誠実に述べるということが、これほどいいものだとは。
.18 2011 未分類 comment0 trackback0

アラサーのやれやれ

今からPREPをやる前に。



11日の件といろいろ精神を揺さぶられる出来事があり、改めて、「これから自分がどうしたいか」を考えています。

私ももう既にこれまでの日本での「普通の道」は歩けないなという感じになっているので、前に進むしかないことは分かっていますが、それでも時折感じる不安と戦う日々であります。

お恥ずかしながら、規定以外の道に踏み出すのって、生まれて初めてなのです。しかも何の保証もない……。極めて普通というか平凡な人生を歩いてきて、このまま変わりなくいくんだろうなとつい最近まで思っていたので。

きっと何かを目指すきっかけなんて本当にささいなことからで、その決意とは言い切れるほどに強くはない意思は世界を変えるなんてことはできなくて、でも私と言う1人の人間にはとても重い。

これから旅に出ようとしている10代の若者のようなわくわくと、60歳でもうじき退職となる初老の男性のような言い難い焦燥感を同時に感じています。

やれやれ。(村上春樹風)心が疲れる。
.17 2011 未分類 comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

siono

Author:siono
欧州あたりのMBA志望生。アラウンド・サーティ、女性、文系で留学経験ナシ。英語はIELTSでやる予定です。現在GMAT580、IELTS6.0。

好きな物:酒全般、和食、日本の洋食、中華、文章書くこと、美術鑑賞、映画、漫画、ミスチル、クラシック
興味分野:日本史、欧州史、東アジア史、日本文学、営業、宝石学、政治、経済、やる夫&やらない夫(ry

ツイッターはここ( ^ω^)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。